マーケティング

さまざまなマーケティング手段を単発的に考えるのか続的なものとして考えるのか。当然後者が前提です。商品やサービスにもよりますが、会社は永続的に売り続けなければいけません。マーケティング手段が一過性のものでは、会社は永続的に発展できないのです。「継続的な仕組み」こそれとも会社の仕組みとしてこれが最も重要な考え方なのです。 売れる仕組みは継続しなければいけません。ただ特に企業向け営業の場合、お客様の市場には限界があります。つまり、リストは無限ではないことを認識しなければなりません。悪い例として「焼畑営業」という言葉があります。これはリストを上かさまざまなマーケティング手段を単発的に考えるのか続的なものとして考えるのか。当然後者が前提です。商品やサービスにもよりますが、会社は永続的に売り続けなければいけません。マーケティング手段が一過性のものでは、会社は永続的に発展できないのです。「継続的な仕組み」こそれとも会社の仕組みとしてこれが最も重要な考え方なのです。 売れる仕組みは継続しなければいけません。ただ特に企業向け営業の場合、お客様の市場には限界があります。つまり、リストは無限ではないことを認識しなければなりません。悪い例として「焼畑営業」という言葉があります。これはリストを上から力技で営業していって、リストの進み具合と比例してネガティブなお客様も作っていくことです。そのお客様にはリレーション(つながり)も営業・架電履歴のストックもないので、まさに焼畑です。 そこにはもう草も生えません。リストがなくなり新規の営業が終了となってしまいます。これでは限られた市場に対して、 マーケットは先細りする一方です。これと反対の言葉に「農耕営業」という言葉があります。いわゆる土地をしっかり耕し、水をまき、肥料を与え続け、丁寧に手入れして実を刈り取り、そして来年に備えてまた土地を耕す方法です。 限りあるお客様を雑に扱つてはいけません。絶対に敵を作つてはいけません。丁寧に耕して、その履歴を残していく必要があるのです。それがデータベースなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です