リストの集め方

テレアポの要素の中でリスト選定は最も重要な項目のひとつです。他のどの手段が完壁であっても、リストを間違えていればテレアポは絶対に成功しません。リストをどんどんつぶ

していくか、無駄なアポイントを繰り返すだけでしょう。テレアポは人が行うものです。ターゲットリストが悪い場合、営業マンやコールスタッフコストだけではなく、組織全体にも悪い影響を及ぼしてしまうので本当に注意が必要です。ではこのリストをどのように集めればいいのでしょうか?

また個人情報保護法の施行後、本人の許可のない個人名入りリストは利用できなくなって個人向けなのか企業向けなのかリスト取得方法は大きく変わってきます。

相手の合意のないものに対しては、電話をかけてはいけない例もあるということです。テレアポに利用できる個人名入りリストは、既存顧客や過去の問合せリスト、実際にお会いした名刺くらいしかないでしょう。最近では既存顧客や問合せリストにも同意が必要になってきているので、注意が必要です。このリストの取得後からテレマーケティングがスタートするため、ネットや展示会などで問合せリストや名刺を効率的に集めることが重要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です