アポの日時

テレアポで日程の決め方ですが、現実問題として、本当に忙しい人や日程を決め切れない人(まだ迷っている方)もいるのは事実です。そのような人に対しては、その場では日程を決め切れないため、後日に再度電話をするという約束を取り付けて対応することもしばしばあると思います。しかし、いざ後日電話をしてみると、相手はこちらを覚えていなかったり、同じようにまた日程を決められなかったり、最悪の場合は、もうすでに他社と契約をしてしまっているということもあります。人の気持ちは変わりやすいので、。次のチャンスはないと心得ておくことが肝要です。このようなことも過去何度も経験しているため、「1回の電話でできる限りのことをする」ということを心に強く決めています。

そこで、こういった日程を決められない人には、「仮アポ」を取るようにしています。直近は忙しい方であれば、1カ月後や2カ月後の日時を提案します。例えば、「お忙しいですね。忙しいのは今月だけですか?来月はどうですか?」こんな会話をして、相手の予定の状況確認を行います。この探りで、来月なら少し暇になるという回答があったら

「お忙しいと思いますので、OO日のO時に仮という形で予定させていただくのでいかがでしょうか?むろん、かなり先なので、近くになりましたら、私から確認の電話を入れさせていただきます」

このように、少し先の予定を確認し、都合がよさそうな日時を相手から引き出しておいて、そこを仮に押さえるということをします。この場合、さすがに相手は、自分でこの月なら大丈夫だと言っているので、この流れでダメだと言う人は私の経験上ほとんどいません。アポを取るコツは、相手に合わせて待っているのではなく、こちらが主導して相手に決めさせることなのです繰り返しになりますが、大事なのは、先のことであっても、1日時を指定して相手のスケジュールを押さえるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です